自己満足なページ(パソコン)

 

 

ホーム

掲示板

チャット

   
 
古いパソコン
 これまた個人的なページ。7年前ぐらいのパソコン(FMV-DESKPOWER TII20)もXPの動作要件を満たさず、メインとしてはさすがに限界を感じたころ。アップグレードを考えたのですが、このケースには愛着があるのでなんとか残せないものかと検討しました。 そこで改造してみよう!ていうことにしました。TII20のケースはATXに準拠しているものと思われるので、事前の下調べでは可能のようです。 まっ、同じことをしようとしてる人のために参考程度に レポートします。
 
問題点
 改造に当たって問題点がいくつかありました。それらを以下に示します。
 
  • 電源容量
    デフォルトの電源は200Wで、+5Vsbの値は170mA(てらさんのゴミ箱)とあります。これでは最近のマザーボードは使用できないとものと思われます(ATX2.01では720mA以上必要とされる)。よって電源を容量の十分なものに交換しました。交換の際はサイズにも配慮する必要があります。
  • 拡張カードの取り付け位置
    TII20ケースの拡張カードスロット部は、AGPカード登場以前のものであるため、AGP位置には穴があいていません。よって、自力で穴をあけるか、一段下にAGPがあるようなマザーボードを選ぶ必要があります。今回はコストパフォーマンスで優れたCeleronを用いるため、GIGABYTEならばおのずとこれ(6VTXor6VTXE)に決まります。
  • LEDやPCSPKの配線
    これもTII20独自の配線ですので、端子部を改造するか交換する必要があります。LEDは交換できるので、お店で売っているLEDを買ってきてください(搭載されているものも使えますが、線がマザーボードに届かないかもしれません) 。PCSPKとリセットスイッチに関しては端子部の改造が必要です。
  • IO端子ベゼル
    この点は適宜クリアすればいいものと思われます。つけなくてもいいでしょう。
  • 放熱
    適宜クリアしてください。
 
配線の改造
改造前 改造後
配線改造前 配線改造後
 
完成
 あとは取り付けを行えば完成です。取り付けの際はFDDケーブル等、極性を間違えないように注意してください。特に電源は要注意です。また、必ず電源を元から切って取り付けを行ってください。これはかなり重要なことです 。取り付けに関しては、他の自作のホームページをなどを参考にしてください。
完成図
完成図

2001.12.1

 

 

Back
Top Page